交通事故の被害者側に特化した札幌の法律事務所

桝田・丹羽法律事務所

交通事故セミナー第2回の開催

2016/06/09

CIMG1527-2.jpg
本日(平成28年6月9日)、札幌市内に所在する整骨院内で、交通事故セミナー第2回を開催させて頂きました。
 
前回は、自賠責保険を中心にお話しさせて頂きましたが、今回は、後遺障害、弁護士の活用方法などについて、お話しをさせて頂きました。
 
柔道整復師の先生方が、後遺障害についても精通していると通院されている被害者の方々も心強いだろうと考え、かなり細かい話までさせて頂きました。
 
参加された柔道整復師の先生方、皆様、熱心に耳を傾けて下さりました。
 
当事務所としては、交通事故の被害者が、適正な賠償を受けられるようにすることを使命としておりますので、ご要望がありましたら、適宜、今回のような形で、交通事故セミナーを開催させて頂きます。
 
お気軽にご相談頂きましたら幸いです。 
 
弁護士 丹羽 錬
弁護士 桝田泰司
 

交通事故セミナーの開催

2016/05/13

CIMG1998.JPG
昨日(平成28年5月12日)、札幌市内に所在する整骨院内で、交通事故セミナーを開催させて頂きました。
 
今回は、自賠責保険に関する内容を中心にセミナーを開催して頂きたいとのご要望を頂き、自賠責保険を中心にお話しをさせて頂きました。
 
参加された柔道整復師の先生方、皆様、熱心に耳を傾けて下さりました。
終了後の質問も活発にして頂き、当職としても考えさせられる質問も少なくなく、大変有意義な時間となりました。
 
交通事故に関しては、知っているか知らないかだけで、被害者の方にとって、有利になったり、不利になったりする事項が少なくありません。
被害者の方と、恐らく最も長い時間、話をするであろう柔道整復師の先生方が、交通事故に関する深い知識を身に付けられますと、被害者にとって、大変、心強いものだと思われます。
 
当事務所としては、交通事故の被害者が、適正な賠償を受けられるようにすることを使命としておりますので、ご要望がありましたら、適宜、交通事故セミナーを開催させて頂きます。
 
お気軽にご相談下さい。
 
弁護士 丹羽 錬
 

自転車事故の状況

2016/04/24

現在、事務所内の勉強会で、自転車同士の事故の過失割合について、文献を読み込んでいます。
交通事故の過失割合については、別冊判例タイムズ38の基準をベースに実務は動いています。
しかし、別冊判例タイムズ38には、自転車対歩行者、自転車対自動車の過失割合は載っているのですが、自転車対自転車の過失割合は載っていません。
そこで、現在、検討が進められています。
 
自転車を運転する際、注意すべき点は、無灯火、傘を差しながらの片手運転、イヤホン・ヘッドホンを付けながらの運転など、街中で実際に見かけることの少なくない運転態様が、事故が発生した場合には、著しい過失として取り扱われることです。
 
自転車による事故ですが、昨今、マスメディアでも盛んに報道されているような印象を持っています。
当事務所にも、マスコミから取材の問合せが来ることもあります。
 
では、実際には、自転車による事故は増えているのでしょうか。
自転車対歩行者ないし自転車対自転車の事故の年間発生件数(全国)のデータです。

 年 18年 19年 20年 21年 22年 23年 24年 25年 26年
自転車対歩行者 2783 2869 2959 2946 2770 2806 2625 2605 2551
自転車対自転車 4055 4184 4348 3919 3799 3616 3260 3037 2865

自転車対歩行者の事故は、10年くらいほぼ横ばいでやや減少しています。
自転車対自転車の事故は、減少傾向にあります。
 
では、札幌市における状況はどうでしょうか。

 年 13年 14年 15年 16年 17年 18年 19年 20年 21年
自転車対歩行者  1  5  4  5  9  13  14  15  22
自転車対自転車  1  4  1  6  2  10  5  7  9

札幌では、冬場、自転車に乗る人は、極めて少なくなります。
その影響もあり、事故の数自体、非常に少ない状況です。
データとしては、少し古いですが、増加していることが見て分かります。
全国的な推移と大きく異なる理由について、その分析は難しいのですが、1つには自転車に乗る人が増えているということが上げられるのではないでしょうか。
 
以下のとおり、自転車が加害者になる事故においても、近時、高額の賠償責任が認められた事案が少なくありません。
 
東京地方裁判所平成15年9月30日判決 6779万円
東京地方裁判所平成19年4月11日判決 5438万円
東京地方裁判所平成20年6月 5日判決 9266万円
 
事故の数が少ないとはいえ、自衛のためには自転車保険に加入する必要があるといえます。
 
弁護士 丹羽 錬
 
 
 

プロフィール

当事務所は、交通事故の被害者側に特化した法律事務所です。交通事故事件に関する十分な専門性・知識・経験を有する弁護士が事件を担当致します。
<<2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
桝田・丹羽法律事務所

このブログを購読

Copyright (C) さっぽろ大通法律事務所 All Rights Reserved.