交通事故の被害者側に特化した札幌の法律事務所

桝田・丹羽法律事務所

高次脳機能障害ファシリテーター養成講座実践編を受講して参りました

2015/06/15

高次脳機能障害支援ネットが主催する高次脳機能障害ファシリテーター養成講座実践編を受講して参りました。
 
高次脳機能障害ファシリテーター養成講座とは、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床心理士、医療ソーシャルワーカー、精神保健福祉士、保育士、介護士、教員などの専門職を対象とした高次脳機能障害者支援の専門家養成講座です。
 
東京の神楽坂で開催されていて、札幌のような遠隔地からの参加者は珍しいのではないかと思っていましたが、実際参加してみると、大阪や名古屋から参加されている方もいらっしゃって、高次脳機能障害への注目の高さが感じられました。
恐らく、医療関係者の方々は、日々、臨床の現場で苦慮されているのだろうと感じました。
 
実際、私の隣の席の方は、大阪の病院の看護部の主任さんで、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の方でした。
 
内容は、最初に、橋本圭司医師から、最新の高次脳機能障害についての知見についての解説が少しあり、その後は、グループ分けされた参加者が、高次脳機能障害者のサポートに関するプログラムを実際に行うという形式で、進められました。
 
本講座の目玉は、羅針盤と名付けられた高次脳機能障害者の集団リハビリテーションプログラムのようで、実際に交通事故により高次脳機能障害を発症した被害者の方が参加されて、その実践が行われました。
 
参加者の多くは、臨床心理士、言語聴覚士、看護師など、医療関係の従事者であり、弁護士で参加しているのは私だけではないかという印象を受けました。
 
このような講座に参加することで、高次脳機能障害についての理解がより深まり、また、高次脳機能障害者の周囲の人々が日々研鑽している姿を目の当たりにし、私もなお一層の努力を続けなくてはならないと強く感じました。
 
弁護士 丹羽 錬
 
 
 

ホステス、スポーツ選手など、特殊な職業の方の逸失利益について③

2015/06/11

流行に左右される職業あるいは年齢的な制限のある職業等について、その職業に基づく収入を一定期間まで認めて、それ以後は、賃金センサス等の平均賃金を参考に逸失利益を算定するという手法を採用した裁判例は、以下のとおりです。
 
-競艇選手-
【東京高判平成9年1月29日判決】
症状固定時39歳の男性の事案
47歳まで競艇選手としての収入(年580万659円)
その後、67歳まで、賃金センサス男子高卒45歳~49歳平均賃金を基礎収入として逸失利益を認めています。
 
-競輪選手-
【広島地判平成17年9月20日判決】
症状固定時45歳の男性の事案
55歳まで競輪選手としての収入(48歳まで年2204万9878円、55歳まで年1642万円)
その後、67歳まで、賃金センサス男子学歴別平均賃金を基礎収入として逸失利益を認めています。
 
-レーサ-
【東京地判平成15年10月29日判決】
事故時39歳の男性の事案
45歳までレーサーとしての収入(年915万1807円)
その後、67歳まで、賃金センサス男子大卒45歳~49歳平均賃金を基礎収入として逸失利益を認めています。
 
-パチンコ釘師-
【仙台高判平成8年1月29日判決】
症状固定時49歳の男性の事案
52歳まで釘師としての収入(月額120万円)
その後、67歳まで、賃金センサス男子学歴計年齢別平均賃金を基礎収入として逸失利益を認めています。
 
短期的に高額の収入を得ている、いわゆるデイトレーダーが事故に遭ったような場合にも、同様の考え方が適用される可能性があります。
したがいまして、デイトレーダーが事故に遭ったような場合には、適正な逸失利益を獲得するために、過去の実績や将来の可能性について、丁寧に主張・立証していく必要があるといえます。
 
 
交通事故に特化した当法律事務所のホームページはこちら
 

ホステス、スポーツ選手など、特殊な職業の方の逸失利益について②

2015/06/10

ホステス、競輪選手、競艇選手、レーサー、パチンコ釘氏等、流行に左右される職業あるいは年齢的な制限のある職業等について、その職業に基づく収入を一定期間まで認めて、それ以後は、賃金センサス等の平均賃金を参考に逸失利益を算定するという手法を採用した裁判例は、以下のとおりです。
 
-ホステス-

ホステスに関しては、以下のとおり、30歳、33歳、35歳、45歳まで、ホステスとしての収入を認めて、それ以後は、賃金センサスによる収入で認定されています。
ホステスの具体的な態様次第ではありますが、裁判所は、概ね30代半ばくらいまでは、ホステスとして高額の収入を得られる蓋然性があると考えているようです。

【大阪地判平成10年10月19日判決】
死亡時28歳の女性の事案
33歳までホステスとしての収入(年691万4268円)
その後、67歳まで、賃金センサス女子学歴計30~34歳の平均賃金(年370万4300円)を基礎収入として逸失利益を認めています。
 
【福岡地判平成12年9月20日判決】
死亡時25歳の女性の事案
30歳までホステスとしての収入(年432万1600円)
その後、67歳まで、賃金センサス女子学歴計30~34歳の平均賃金(年384万4600円)を基礎収入として逸失利益を認めています。
 
【東京地判平成16年3月23日判決】
症状固定時時40歳の女性の事案
45歳まで女優及びホステスとしての収入(日額2万421円)
その後、60歳まで、賃金センサス全労働者全年齢平均賃金(年487万9700円)
その後、67歳まで、賃金センサス女子学歴計全年齢平均賃金(年329万4200円)を基礎収入として逸失利益を認めています。
 
【名古屋地判平成21年8月28日判決】
症状固定時22歳の女性の事案
35歳までホステスとしての収入(年477万1280円)
その後、67歳まで、賃金センサス全労働者全年齢平均賃金(年343万4400円)を基礎収入として逸失利益を認めています。
 
 
交通事故に特化した当法律事務所のホームページはこちら
 

プロフィール

当事務所は、交通事故の被害者側に特化した法律事務所です。交通事故事件に関する十分な専門性・知識・経験を有する弁護士が事件を担当致します。
<<2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事

桝田・丹羽法律事務所

このブログを購読

Copyright (C) さっぽろ大通法律事務所 All Rights Reserved.