交通事故の被害者側に特化した札幌の法律事務所

桝田・丹羽法律事務所

真の被害者救済のための交通事故業務改革セミナー

2016/03/02

平成28年2月27日に東京で開催された「真の被害者救済のための交通事故業務改革セミナー」に参加して参りました。
 
今回は、交通事故に注力されている浦和総合法律事務所の青木弁護士が特別ゲストとして、参加され、実際に実務の中で行われている工夫等をお話しをして下さりました。
 
講演頂いた内容は、後遺障害等級獲得のための様々な工夫や保険会社ごとの特徴を踏まえた任意交渉のあり方など、交通事故被害者のために大変役に立つ情報が多く、大変参考になりました。
 
参加者は、ほとんどが全国の交通事故に力を入れている法律事務所の弁護士であり、非常に有益な情報交換をすることができました。
 
交通事故被害者の方々のお役に立つために、まだまだ工夫の余地があると痛感させられる機会となりました。
今後もこういった機会には積極的に参加して、外部からの刺激を受けながら、研鑽を続けていきたいと考えております。
 
弁護士 丹羽 錬
 
 

北海道遷延性意識障害者・家族の会設立記念講演会

2015/11/07

平成27年11月1日に、札幌市教育会館で開催されました北海道遷延性意識障害者・家族の会設立記念講演会に参加して参りました。
 
当日は、座りきれないほど多数の参加者がいらっしゃっているうえに、テレビ局の撮影も入っており、遷延性意識障に対する関心の高さが伺われました。
 
講演は、「反応なし?・・・わかってないのは俺らだけ・・・」というタイトルで、脳神経外科医であられる髙橋義男先生が実施されました。
 
普段から、遷延性意識障害に関する書籍や裁判例を通じて、理解を深めるようにしておりますが、やはり、数千人を越える患者さんと対峙してきたドクターの話は、迫力も深みもあり、大変勉強になる機会でした。
 
また、質疑応答の場面での、実際の患者さんの家族からの質問は深く考えさせられるものがありました。
 
日頃から沢山の交通事故被害者の方の相談を受けている我々としては、日々研鑽を続けて、更なる理解を深める必要があると強く痛感させられました。
 
今後もこのような機会があれば、どんどん参加していきたいと考えております。
 
弁護士 丹羽 錬
 
 
 

医療鑑定セミナーを受講いたしました。

2015/08/10

平成27年7月17日にメディカルリサーチ株式会社が主催した医療鑑定セミナーをインターネット配信で受講いたしました。
 
今回のテーマ
第一部 頭部外傷例に関する正しい知識
第二部 意思能力鑑定に関する医学的知識
 
東海大学名誉教授で、脳外科医の佐藤修先生から、頭部外傷の基本的な概要についてご説明頂く内容でした。
 
基本的な概要として、頭部外傷により視力障害、嗅覚障害等が発生する機序等についてご解説頂きました。
脳神経の中でも嗅神経が外傷により影響を受けることが多いということでした。
 
高次脳機能障害では、打撃した側に脳損傷を生じる直撃損傷以外に、打撃側と反対側に損傷を生じる反衝損傷が見られますが、この反衝損傷についても、丁寧にご説明頂きました。
 
脳外傷に関しては、まだまだ、研鑽が不足している部分があることを改めて認識させられたセミナーでした。
 
今後も、外部の勉強会に積極的に参加する等して、交通事故被害者に皆様のお役に立てるよう研鑽を続けていきたいと考えております。
 
弁護士 丹羽 錬
 
 

プロフィール

当事務所は、交通事故の被害者側に特化した法律事務所です。交通事故事件に関する十分な専門性・知識・経験を有する弁護士が事件を担当致します。
<<2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新記事

桝田・丹羽法律事務所

このブログを購読

Copyright (C) さっぽろ大通法律事務所 All Rights Reserved.