• HOME
  • 交通事故の解決事例

交通事故の解決事例

CIMG2219.JPGのサムネール画像
平成28年は、200件以上のご相談を頂いております。
(交通事故の被害者側のみのご相談件数です。)
 
整骨院から多数のご紹介を受けており、整形外科からのご紹介事案もございます。
 
解決事例の一部をご紹介いたします。
 

【事例21】 20代、男性、頚椎捻挫による頚項部痛(14級)  

当事務所のサポートにより異議申立で14級が認定された事案

当初提示 なし 解決額約 250万円
当初等級 非該当 認定等級 14級9号

【事例20】 20代、男性、頚椎捻挫等による頚部痛、腰痛(14級)

異議申立により併合14級が認定された事案

当初提示 なし 解決額約 380万円
当初等級 非該当 認定等級 併合14級
              
 

【事例19】 50代、男性、頚部痛、右上肢痺れ(なし) 

休業損害、慰謝料等により金220万円で解決した事案

当初提示 なし  解決額約 220万円
当初等級 なし  認定等級 なし
 
 

【事例18】 20代、女性、頚椎捻挫による頚部痛(14級) 

当事務所のサポートにより異議申立で14級が認定された事案

当初提示 なし 解決額約 305万円
当初等級 非該当 認定等級 14級9号
             
 

【事例17】 30代、男性、頚椎捻挫による頚部痛、左上肢痺れ、腰痛(14級)

当事務所のサポートにより異議申立で14級が認定された事案

当初提示 なし 解決額約 270万円
当初等級 非該当 認定等級 併合14級
              
 

【事例16】 40代、男性、腰痛、右膝関節痛(非該当)

後遺障害非該当ではあるものの金220万円で解決した事案

当初提示 50万円 解決額約 220万円
当初等級 非該当 認定等級 非該当
             
 

【事例15】 70代、女性、死亡

保険会社の提示130万円→訴訟により1540万円で解決した事案

当初提示 130万円
解決額約 1540万円
             
 

【事例14】 30代、女性、頚椎捻挫による頚部痛、頭痛等(なし)

休業損害、慰謝料等により金230万円で解決した事案

当初提示 なし 解決額約 230万円
当初等級 なし 認定等級 なし
              
 

【事例13】 50代、男性、頚椎捻挫による頚部痛(14級)

当事務所のサポートにより初回申請で14級が認定された事案

当初提示 なし 解決額約 285万円
当初等級 なし 認定等級 14級9号
              
 

【事例12】 30代、男性、腰椎捻挫による腰痛(非該当)

後遺障害非該当ではあるものの金165万円で解決した事案

当初提示 なし 解決額約 165万円
当初等級 非該当 認定等級 非該当
              
 

【事例11】 60代、女性、頚椎捻挫による頚部痛、両上肢痺れ(非該当)

後遺障害非該当ではあるものの金200万円で解決した事案

当初提示 なし  解決額約 200万円
当初等級 非該当 認定等級 非該当
             
 

【事例10】 30代、女性、頚椎捻挫等による頚部痛、腰痛(非該当)

保険会社の提示75万円→交渉により金280万円で解決した事案

当初提示 75万円 解決額約 280万円
当初等級 非該当 認定等級 非該当
            
 

【事例 9】 40代、男性、頚椎捻挫等による頚部痛、腰痛(14級)

当事務所のサポートにより初回申請で併合14級が認定された事案

当初提示 なし 解決額約 300万円
当初等級 なし 認定等級 併合14級
             
 

【事例 8】 40代、男性、膝の靱帯損傷による動揺関節(12級)

保険会社の提示270万円→異議申立により12級認定、金1010万円で解決した事案

当初提示 270万円 解決額約 1010万円
当初等級 14級9号 認定等級 12級
             
 

【事例 7】 20代、女性、圧迫骨折による脊柱の変形等(10級)

保険会社の提示550万円→交渉により金2000万円で解決した事案

当初提示 550万円 解決額約 2000万円
当初等級 併合10級 認定等級 併合10級
             
 

【事例 6】 30代、男性、腰椎捻挫による腰痛(14級)

保険会社の提示150万円→交渉により金290万円で解決した事案

当初提示 150万円 解決額約 290万円
当初等級 なし 認定等級 14級9号
 

【事例 5】 70代、女性、膝の靱帯損傷による動揺関節(12級) 

後遺障害等級12級が認定、金620万円で解決した事案

当初提示 なし 解決額約 620万円
当初等級 なし  認定等級 12級
             
 

【事例 4】 50代、女性、頚椎捻挫による頚部痛、右上肢の痺れ(12級13号) 

後遺障害等級14級9号→異議申立により12級13号が認定された事案

当初等級 14級9号 認定等級 12級13号
            
 

【事例 3】 60代、男性、1下肢に偽関節を残すもの(8級) 

保険会社の提示400万円→交渉により金2700万円で解決した事案

当初提示 400万円 解決額約 2700万円
当初等級 14級9号 認定等級 8級9号
            
 

【事例 2】 60代、女性、圧迫骨折による脊柱変形(11級) 

保険会社の提示370万円→訴訟により金900万円で解決した事案

当初提示 370万円 解決額約 900万円
当初等級 なし 認定等級 11級7号
         
 

【事例 1】 50代、下肢の醜状障害(12級) 

保険会社の提示400万円→訴訟により金800万円で解決した事案

当初提示 400万円 解決額約 800万円
当初等級 なし  認定等級 12級
            
 

交通事故の相談事例

 
治療の打ち切りについてのご相談
 
後遺障害非該当の認定結果についてのご相談
 
車が事故により廃車となった場合の時価額についてのご相談
 
後遺障害診断書の作成についてのご相談