解決事例-異議申立により等級変更がなされた事案-

【事例35】20代、女性、頚部痛、腰痛(併合14級)

当事務所のサポートにより異議申立で併合14級が認定された事案

当初提示 なし 解決額約 360万円
当初等級 非該当 認定等級 併合14級

▸【事例35】詳細はこちらをクリック

【事例30】40代、男性、頚部痛、腰痛(14級)

当事務所のサポートにより異議申立で併合14級が認定された事案

当初提示 なし 解決額約 340万円
当初等級 非該当 認定等級 併合14級

▸【事例30】詳細はこちらをクリック

【事例20】 20代、男性、頚椎捻挫等による頚部痛、腰痛(14級)

異議申立により併合14級が認定された事案

当初提示 なし 解決額約 380万円
当初等級 非該当 認定等級 併合14級
              

【事例18】 20代、女性、頚椎捻挫による頚部痛(14級) 

当事務所のサポートにより異議申立で14級が認定された事案

当初提示 なし 解決額約 305万円
当初等級 非該当 認定等級 14級9号
             
 

【事例17】 30代、男性、頚椎捻挫による頚部痛、左上肢痺れ、腰痛(14級)

当事務所のサポートにより異議申立で14級が認定された事案

当初提示 なし 解決額約 270万円
当初等級 非該当 認定等級 併合14級
              
 

【事例 8】 40代、男性、膝の靱帯損傷による動揺関節(12級)

保険会社の提示270万円→異議申立により12級認定、金1010万円で解決した事案

当初提示 270万円 解決額約 1010万円
当初等級 14級9号 認定等級 12級
             
 

【事例 4】 50代、女性、頚椎捻挫による頚部痛、右上肢の痺れ(12級13号) 

後遺障害等級14級9号→異議申立により12級13号が認定された事案

当初等級 14級9号 認定等級 12級13号
            
 

【事例 3】 60代、男性、1下肢に偽関節を残すもの(8級) 

保険会社の提示400万円→交渉により金2700万円で解決した事案

当初提示 400万円 解決額約 2700万円
当初等級 14級9号 認定等級 8級9号