解決事例-上肢の障害-

【事例37】30代、男性、頚部痛、上肢の痺れ、腰痛、背部痛、右手関節TFCC損傷(併合12級)

当事務所のサポートにより併合12級、1450万円で解決した事案
 
当初提示 なし 解決額約 1450万円
当初等級 非該当 認定等級 併合12級

▸【事例37】詳細はこちらをクリック

【事例36】40代、男性、頚部痛、左上肢痺れ、腰痛、左下肢痺れ(併合14級)

当事務所のサポートにより初回申請で併合14級認定、370万円で解決した事案

当初提示 なし 解決額約 370万円
当初等級 非該当 認定等級 併合14級

▸【事例36】詳細はこちらをクリック

【事例33】20代、男性、頚部痛、左上肢痺れ(14級)

当事務所のサポートにより初回申請で14級認定、350万円で解決した事案

当初提示 なし 解決額約 350万円
当初等級 なし 認定等級 14級9号

▸【事例33】詳細はこちらをクリック

【事例23】60代、男性、鎖骨骨折等による肩関節可動域制限等(併合9級)

当事務所のサポートにより初回申請で併合9級認定、1530万円で解決した事案

当初提示 なし 解決額約 1530万円
当初等級 なし 認定等級 併合9級

▸【事例23】詳細はこちらをクリック
 

【事例17】 30代、男性、頚椎捻挫による頚部痛、左上肢痺れ、腰痛(14級)

当事務所のサポートにより異議申立で14級が認定された事案

当初提示 なし 解決額約 270万円
当初等級 非該当 認定等級 併合14級
              
 

【事例 4】 50代、女性、頚椎捻挫による頚部痛、右上肢の痺れ(12級13号) 

後遺障害等級14級9号→異議申立により12級13号が認定された事案

当初等級 14級9号 認定等級 12級13号