解決事例-訴訟により等級変更がなされた事案-

【事例68】30代、男性、腰痛、下肢のしびれ等(12級)

自賠責非該当→訴訟により12級認定、総額約700万円で解決した事案
当初提示 なし 解決額約 700万円
当初等級 非該当 認定等級 12級

▸【事例68】詳細はこちらをクリック

【事例65】50代、男性、両膝痛、右手関節痛(TFCC損傷)等(12級)

自賠責14級→訴訟により12級認定、約750万円で解決した事案
当初提示 なし 解決額約 750万円
当初等級 14級 認定等級 12級

▸【事例65】詳細はこちらをクリック
 

【事例64】50代、男性、頚肩部痛、両上肢の痺れ、腰痛等(併合11級)

自賠責非該当→訴訟により併合11級認定、約金900万円で解決した事案
当初提示 なし 解決額約 900万円
当初等級 非該当 認定等級 併合11級

▸【事例64】詳細はこちらをクリック

【事例60】40代、男性、左膝痛、腰痛等(12級)

自賠責14級→訴訟により12級認定、約690万円で解決した事案

当初提示 なし 解決額約 690万円
当初等級 14級 認定等級 12級

▸【事例60】詳細はこちらをクリック
 

【事例57】40代、男性、頚肩部痛、右上肢の痺れ(12級)

自賠責14級→訴訟により12級認定、約1280万円で解決した事案

当初提示 なし 解決額約 1280万円
当初等級 14級9号 認定等級 12級

▸【事例57】詳細はこちらをクリック
 

【事例55】30代、男性、頚部痛、左上肢の痺れ(14級)

保険会社の主張する過失割合30:70→訴訟により10:90に変更
自賠責非該当→訴訟により14級認定、約330万円で解決した事案

当初提示 なし 解決額約 330万円
当初等級 非該当 認定等級 14級

▸【事例55】詳細はこちらをクリック
 

【事例48】40代、男性、頚部痛、上肢のしびれ等(14級)

自賠責非該当→訴訟により14級認定された事案
当初提示 なし 解決額約 320万円
当初等級 非該当 認定等級 14級

▸【事例48】詳細はこちらをクリック