自賠責保険と労災保険で認定等級が異なった裁判例-可動域制限-

東京地判平成11年5月19日

 自賠責の認定    11級
 労災の認定      9級
 裁判所の認定    11級

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

右橈骨骨折後の右手関節の可動域制限
 

大阪地判平成20年11月26日

 自賠責の認定      5級
 労災の認定      4級
 裁判所の認定      5級

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

右腕神経叢損傷に起因した頚部の可動域制限
 

大阪地判平成24年9月14日

 自賠責の認定    11級
 労災の認定    10級
 裁判所の認定    10.5級 ※
※裁判所は11級としたが、労働能力喪失率について、10級と11級の間の23.5%を採用したため便宜的に10.5級とした。

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

右手指の骨折、切断後の右手指の可動域制限
 

東京地判平成25年6月20日

 自賠責の認定    14級
 労災の認定    12級
 裁判所の認定    14級

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

右第2指MP関節尺側側副靱帯損傷等による右第2指の痛み、可動域制限
 

大阪地判平成28年2月10日

 自賠責の認定    14級
 労災の認定      7級
 裁判所の認定    14級

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

外傷性右肩関節周囲炎による右肩可動域制限、頚椎椎間板ヘルニアによる頚部可動域制限
 

名古屋地判平成29年11月24日

 自賠責の認定    非該当
 労災の認定      11級
 裁判所の認定      14級

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

半月板損傷に伴う両膝可動域制限