自賠責保険と労災保険で認定等級が異なった裁判例-脊髄損傷-

東京地判平成15年8月25日

 ​自賠責の認定    12級
 労災の認定      9級
 裁判所の認定    12級

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

頚髄不全損傷
 

京都地判平成19年1月25日

 ​自賠責の認定      5級
 労災の認定      3級
 裁判所の認定    12級

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

頚髄不全損傷
 

大阪地判平成18年11月24日

 ​自賠責の認定      8級
 労災の認定      3級
 裁判所の認定    7.5級 ※
※裁判所が7級と8級の中間、労働能力喪失率50%と認定したため便宜的に7.5級とした。

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

頚椎症性頚髄症
 

大阪地判平成27年3月25日

 ​自賠責の認定    14級
 労災の認定      9級
 裁判所の認定    14級

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

中心性頚髄損傷