【事例 7】20代、女性、圧迫骨折による脊柱の変形等(10級)

保険会社の提示550万円→交渉により金2000万円で解決した事案

 ご相談内容

100.png交通事故により受傷した結果、自賠責保険において、脊柱の変形等により併合10級の後遺障害が認定されており、保険会社から約550万円の示談案の提示を受けたけれども、その内容が適正なのか分からないということで、ご相談にいらっしゃいました。
 

弁護士の対応

医療記録等、精査させて頂いたところ、裁判になった場合でも争点となる箇所が少ないと判断され、それほど時間も掛からないと考えられました。
 
そこで、裁判で判決に至れば、総損害額の約1割の弁護士費用が損害にプラスされ、さらに事故時から年率5%の遅延損害金がプラスされることから、賠償金の額は裁判をした場合が一番多く見込まれる旨をお話ししました。
 
ご本人は、まず、示談交渉を進めて、相手方の対応をみた上で、裁判については考えたいとことでした。
 
保険会社の当初の提案は逸失利益がゼロという内容でしたので、逸失利益、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料等、全て裁判基準で見直して、交渉を進めました。
 

解決内容 

105.png弁護士にて、裁判基準をベースに相手方と粘り強い交渉をして、最終的に約2000万円で解決することができました。
ご本人が裁判までは望まないということで、示談での解決となりました。
 
後遺障害等級が併合10級の場合に、逸失利益がゼロということは、よほどの高齢者でない限り考えがたいです。
保険会社から示談案の提示を受けましたら、示談してしまう前に、まずは
弁護士に、ご相談されることをお勧め致します。
ご懸念がある場合は、
当法律事務所の弁護士(札幌弁護士会所属)まで、お気軽にご連絡ください。