後遺障害の認定結果の精査

事前認定ないし被害者請求により、後遺障害認定の結果が出て、一定の等級が認められていたとしても安心してはいけません。
前述のとおり、自賠責保険の後遺障害認定は、提出された資料に基づき機械的に行われますので、本来、認められなければならない後遺障害が認定されていないことも少なくありません。
実際、異議申立等により、より上位の等級が認められるということがあります。

 
後遺障害認定の結果に不備があるような場合には、異議申し立てにより、認定結果の誤りを指摘して、適正な認定を求めていく必要があります。
異議申し立てでも認められなければ、自賠責保険・共済紛争処理機構に調停を申し立てる必要があります。

そして、自賠責保険・共済紛争処理機構においても、適正な等級が認められないということであれば、最後は裁判を通じて、適正な等級の認定を求めていく必要があります。
後遺障害認定の結果に不備がないか否かを判断するには専門的な知見が必要となりますので、後遺障害に精通した弁護士に相談されることをお勧め致します。