•  示談交渉・訴訟

    交通事故事件の解決方法は、大別すると示談と訴訟に分けられます。
    前述のとおり、示談交渉において、保険会社は、裁判基準より低額な独自の基準に基づき賠償額を算定して、示談案として提示してくることが多いです。
    弁護士が受任することで、提示額が増額されることが多いですので、少なくとも、この段階で弁護士に相談されることをお勧めします。
    示談交渉が決裂した場合、訴訟提起をして裁判手続きに進むこととなります。
    裁判手続きは、時間を要することや厳格な立証が求められる等、デメリットも存在しますが、保険会社独自の基準ではなく裁判基準により賠償額が算定されますし、判決に至れば、弁護士費用や遅延損害金も認められることとなります。
    一般的には、最終的な賠償額は、訴訟による場合の方が多くなる可能性が高いといえます。