後遺障害についての面談

masuda.JPG
後遺障害等級非該当の認定を受けた被害者からの委任を受け、主治医と面談をして参りました。
主に後遺障害が見落とされていないかという点を確認させていただき、有益なご説明をいただくことができました。

異議申立を行うにあたり、主治医の説明を文書化する必要があると考えられたことから、この日の面談中にお聞きした内容について質問書を送付させていただき、文書により回答をいただくことになりました。

自賠責保険において、後遺障害非該当の判断が出された場合でも、主治医に症状に関する所見や神経学的所見を追加的に記載頂くことで、異議申立を経て、後遺障害が認定されることも少なく有りません。
後遺障害非該当の結果が出た場合でも、根強い症状に苛まれているような場合、お気軽にご相談下さい。