治療期間についての面談

niwa.JPGのサムネール画像
保険会社から通院期間の打ち切りを打診されているという相談があり、主治医である整形外科の医師と面談をして参りました。
 
医師によれば、事故態様、画像所見からすると、今しばらく治療が必要と判断されるということでした。
主治医から、治療の必要性がないと言われてしまうと、保険会社との治療期間に関する交渉が難しくなりますので、大変有り難いお言葉でした。
その後、主治医の説明に基づき、保険会社との交渉を進めることができました。

保険会社から治療費の支払いの打ち切りを打診された場合でも、主治医の先生から、治療が必要で有ると強く仰って頂けると、治療費の支払いを受けて通院を継続できる期間を伸ばせることがございます。
当事務所では、医師と面談しますし、面談を望まない医師の場合には書面で、照会致します。
お気軽にご相談下さい。