自賠責保険と労災保険で認定等級が異なった裁判例-その他-

大阪地判平成22年5月12日

 自賠責の認定    9級
 労災の認定    7級
 裁判所の認定    7級

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

腹部多発性交通外傷による大腸切除、人工肛門
 

福井地判平成25年12月27日

 自賠責の認定    5級
 労災の認定    2級
 裁判所の認定    4級

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

脳損傷による精神障害、身体機能障害
 

大阪地判平成30年12月25日

 自賠責の認定    9級
 労災の認定    8級
 裁判所の認定    9級

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

右膝の動揺関節
 

広島高判令和元年12月5日

 自賠責の認定    非該当
 労災の認定       9級
 裁判所の認定     14級

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

脳脊髄液漏出症
 

名古屋地判令和2年12月23日

 自賠責の認定    非該当
 労災の認定    14級
 裁判所の認定    非該当

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

左下腿筋挫傷による左下肢痛、しびれ
 

東京地判令和3年2月19日

 自賠責の認定    非該当
 労災の認定    12級
 裁判所の認定    非該当

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

肘部管症候群による左前腕部の疼痛、しびれ