自賠責保険と労災保険で認定等級が異なった裁判例-高次脳機能障害-

神戸地判平成27年12月8日

 自賠責の認定    14級
 労災の認定      3級
 裁判所の認定    14級

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

高次脳機能障害
 

大阪地判平成28年3月15日

 自賠責の認定    14級
 労災の認定    12級
 裁判所の認定    14級

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

高次脳機能障害
 

東京地判平成30年4月25日

 自賠責の認定    14級
 労災の認定      5級
 裁判所の認定    14級

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

高次脳機能障害
 

大阪地判平成30年6月28日

 自賠責の認定      3級
 労災の認定      5級
 裁判所の認定      5級

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

高次脳機能障害
 

東京地判平成30年9月26日

 自賠責の認定    12級
 労災の認定      5級
 裁判所の認定    12級

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

高次脳機能障害
 

横浜地判令和元年7月30日

 自賠責の認定      9級
 労災の認定      7級
 裁判所の認定    14級

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

高次脳機能障害
 

名古屋地判令和2年1月28日

 自賠責の認定    12級
 労災の認定      7級
 裁判所の認定    12級

自賠責と労災の判断が異なった具体的症状等

高次脳機能障害