自賠責保険

自賠責保険とは、交通事故による被害者を救済するために、法律に基づき、全ての自動車に加入することが義務付けられている強制保険です。

支払限度額

傷害に関する損害

120万円

後遺障害による損害

等級に応じて75万円から4000万円

死亡に関する損害

3000万円


支払限度額を超える損害については、任意保険から支払いを受けることとなります。

重過失減額

自賠責保険は被害者救済を趣旨としていることから、被害者の側に過失があっても基本的には減額されません。
しかし、被害者の側の過失が7割を超えるような場合には、一定割合の減額がなされます。


被害者の過失割合

後遺障害又は死亡に係るもの

傷害に係るもの

7割未満

減額なし

減額なし

7割以上8割未満

2割減額

2割減額

8割以上9割未満

3割減額

2割減額

9割以上10割未満

5割減額

2割減額



被害者の過失が大きい場合は、訴訟を提起するよりも、自賠責保険に被害者請求した方が得られる賠償金の額が大きいことがあることに注意が必要です。

※政府保証事業
加害者が自賠責保険に加入していないような場合(ⅰ~ⅲ参照)に、政府が政令で定める限度額の範囲内で損害を填補する制度です。
ⅰ 自動車の保有者が不明のひき逃げ事案
ⅱ 無保険
ⅲ 自動車泥棒による事故