むち打ちで非該当となる場合

事故態様が軽微な場合

1 軽く擦った程度の事故
車体を軽く擦った程度の事故の場合、後遺障害が残るほどの傷病を負うことは考えがたいですので、非該当となる可能性が高いです。
 
2 ドアミラー同士が衝突しただけの事故
ドアミラー同士が衝突しただけで、車両本体には何らの損傷もない場合には、後遺障害が残るほどの傷病を負うことは考えがたいですので、非該当となる可能性が高いです。
 

治療経過が通常と異なる場合

1 事故後、時間が経ってから通院を開始している場合
事故から、初診まで、1週間以上の時間が経過していると、事故と症状との因果関係が曖昧なものとなりますので、非該当となる可能性が高まります。
したがいまして、少しでも体に変調を感じたのであれば、事故当日か遅くとも翌日には通院されることをお勧め致します。
 
2 通院を中断している場合
通院の途中で、通院を止めてしまい、数週間以上、期間を開けてしまうと、その時点で症状が治癒したため通院を止めたと考えられるため、非該当になる可能性が高くなります。
現実には、症状が重いが故に、通院するのが辛くて通院できなかったというケースも有り得ますが、そういった個別具体的な事情は、少なくとも自賠責保険の認定においては認められ難いので、注意が必要です。
 
3 数ヶ月経ってから症状が増悪している場合
むちうちの場合、通常、事故直後から2~3日以内が最も症状が重く、そこから徐々に改善していくという経過を辿ります。したがいまして、事故後、通院を継続していたが、数か月経過してから、症状が悪化したような場合には、事故との因果関係が認められがたく、非該当になる可能性が高くなります。
 

症状が軽微な場合

疼痛に関しては、常時、生じていることが、認定要件となっています。
したがいまして、気圧の変化により痛みが生じる場合や長時間立ちっぱなしの時に痛みが生じる場合は、常時の疼痛ではありませんので、非該当になる可能性が高いです。