遷延性意識障害における定期金賠償について

交通事故における損害賠償は、訴訟終了後の一括払いによる一時金賠償とされるのが通常です。
定期金賠償とは、将来生ずる損害を、その発生の都度定期的に支払うことを命じる内容です。具体的には、「死亡する月までの間の毎月末日限り金25万円を支払え」というような判決文となります。
 
保険会社は、遷延性意識障害の被害者の余命は健常人より短いという前提に立っていますので、そうであれば、支出額がより少なくなるであろう定期金賠償を主張してくるのです。
実際、定期金賠償を採用すれば、本来的には予測が困難な将来の損害を無理に、裁判時に認定する必要がなく、被害者の被る現実の損害により近くなる等の肯定的な側面も存在することから、被害者が一時金賠償の請求をしているにもかかわらず、保険会社の主張を認めて、定期金賠償を命じた裁判例も一部存在します。

しかしながら、定期金賠償においては、保険会社の将来の経営破綻のリスクを被害者が負わなくてはならないこと、将来も長期間にわたって加害者側の保険会社と関わりと持ち続けなければならないこと等、被害者側には大きなマイナス面がありますので、保険会社の主張に的確に反論していく必要があります。