鼻の障害

嗅覚の脱失・減退

嗅覚の脱失・減退は、T&Tオルファクトメータによる検査によって、判別されますので、右検査を受ける必要があります。
ただし、後遺障害認定を受けるには、嗅糸の断裂や脳挫傷など、器質的な損傷が認められることが必要です。

「鼻の欠損」とは、鼻軟骨部の全部又は大部分の欠損をいいます。
「鼻の欠損」は、同時に「外貌の醜状」にも該当しうることとなりますが、いずれか上位の等級のみが認定されます。

 

等 級

障害の程度

9級5号 

鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの

12級相当

嗅覚脱失
T&Tオルファクトメータによる基準嗅力検査の認知域値の平均嗅力損失値5.6以上の場合

14級相当

嗅覚減退
T&Tオルファクトメータによる基準嗅力検査の認知域値の平均嗅力損失値2.6以上5.5以下の場合

鼻呼吸困難


等 級

障害の程度

12級相当

鼻呼吸困難