訴訟提起

自賠責保険・共済紛争処理機構においても、適切な等級が認められない場合には、最後は裁判を通じて、適正な等級の認定を求めていくことになります。
裁判においては、通常、自賠責保険においてよりも幅広い資料に基づき判断がなされますので、より適正な結論に至る可能性が高いといえます。
 
しかしながら、裁判においては、証拠に基づいた厳格な証明が求められます。
保険会社側の医師から被害者に不利な意見書が提出されることも少なくありません。
また、裁判官自身は必ずしも医学に造詣が深いというわけではありませんので、一概に裁判にした方が有利な等級認定が得られるとはいえないことに注意が必要です。

後遺障害の認定結果に関しては、自賠責保険の判断を尊重する裁判官も多いので、まずは自賠責保険で適正な後遺障害認定を得られるよう最大限の努力をすることが重要といえます。