転院の理由を確認するための面談

IMG_0535.JPG
依頼者の方より、主治医の先生から転院を勧められているとの連絡を頂きました。
事故から期間が経過していたこともあり、転院に際して、相手方保険会社に一定の説得力のある説明をする必要があると判断して、主治医と面談をして参りました。
 
事前に依頼者の方からは、すごく丁寧に説明してくれる医師ではないとの説明を受けていましたが、面談に伺うと、非常に丁寧に現在の状況、転院が必要な理由を説明をして頂きました。
 
医師によりますが、弁護士が足を運ぶことで、通常よりも丁寧に説明してくれるということも少なくありません。
本件では、依頼者も同席していたため、自分の症状についての理解が深まったと喜ばれていました。
 
相手方保険会社に対しても、主治医の先生から伺った詳しい話を伝えることができましたので、強い説得力が生じました。
保険会社の説得においても、医師から直接伺った話をぶつけると、保険会社にて反論ができなくなりますので、非常に効果的です。
弊所では、必要がある場合には積極的に医師面談を行っております。
お気軽にご相談下さい。
 
弁護士 丹羽 錬(札幌弁護士会所属)