【事例22】30代、男性、頚椎捻挫、腰椎捻挫等(後遺障害なし)

保険会社の提示40万円→交渉により80万円で解決した事案

ご相談、ご依頼のきっかけ

100.png
信号機のない交差点を直進中に、一時停止を無視した加害車両に左方から衝突されたという事故態様でした。
約5ヶ月通院して治癒した後に、保険会社から示談案の提案があったけれども、その内容が適正か分からないということで、ご相談にいらっしゃいました。
 

当法律事務所の活動

保険会社からの提示内容を確認すると、慰謝料について、不十分な内容であることが分かりました。
また、ご本人にも一定の過失が認められざるを得ない事案と判断されましたが、ご自身の人身傷害保険を使うことで、過失分については支払を受けられることが見込まれました。
 
そこで、まず、相手方保険会社と粘り強く交渉して、慰謝料について、裁判基準に引き上げました。
また、ご本人の過失分については、ご本人の自動車保険会社と調整を行いました。
 

当法律事務所が関与した結果

105.png
最終的に、相手方からの賠償金とご本人の人身傷害保険金を合わせて、約80万円で解決することができました。
相手方保険会社からの提示は、約40万円でしたので、総額で約2倍での解決となりました。
 

弁護士の所感

後遺障害が残らず、治癒したような事案でも、交渉によって、最終的に受け取ることのできる金額が、2倍くらいになることも有り得ます。
特に、ご自身に過失が認められるような事案であれば、ご自身の自動車保険の人身傷害保険特約を上手く使うことで、過失分の支払いを受けられることがあります(人身傷害保険は通常、使用しても保険の等級が上がることはありません。ただ、約款次第ですので、ご不安な場合は、ご自身の保険会社にお問合せ下さい。)。
 
保険会社から示談の提案書が送付されましたら、まずはお気軽に当法律事務所の弁護士にご相談下さい。
適正な賠償金が受け取れるように、サポートさせて頂きます。